NEW PROJECT

社会に貢献する新プロジェクト

ハルノデザインは社会を元気にするために、いつも新しいチャレンジをしています!

過疎に悩む「集落」を、

世界に開けた最先端のエンジニア工場へ!

学校活用プロジェクト

奥多摩・地域活性プロジェクト × デザイン

奥多摩町の旧・古里中学校活用プロジェクトに、株式会社JELLYFISH様のサポーターとして参加しています!外国人留学生が「学ぶ」「働く」を叶えるための日本語学校を中心に、IT企業や日本人エンジニアの誘致を行い、地域の雇用促進や国際交流に取り組む一大プロジェクト。10年以上かけた地域創生を目指して、ハルノデザインがブランディングとアートディレクションを行います!

地域の魅力を、もっと引き出す。

秩父多摩甲斐国立公園の中にある校舎。日本一巨樹が多いといわれる奥多摩地域は、溢れるほどの緑に囲まれた場所。自然に恵まれた土地を、さらに心地よくデザインしていきます!

校舎は日本語学校として活用し、校庭や体育館、テニスコートは地域住民の皆さまに活用していただく予定です。誰もが集い、自然と交流が生み出される場作りに取り組んでいます。

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

旧道灌山中学校の校舎の中に、旧オフィスとEiichi鞄ブランド展示室を創りました。

荒川区がベンチャー企業の育成と、企業間交流を図るために開始した再活用プロジェクトに参加!旧道灌山中学校の校舎をオリジナル鞄ブランド拠点として活用しました。教室を改築して創り上げたのは、オリジナルプロダクトを展示できるショールーム。桜の木に見守られた、心地よい空間になりました。

廃校になった中学校を改築して

オリジナル鞄ブランド拠点に

荒川区・学校再活用PROJECT × モノ作り × デザイン

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

30㎡の可能性を実験するために設営したlimitroom206号室

実は、建築のミニマムサイズは10坪。この空間をいかに活用できるか? それを実験するための空間+倉庫という位置づけで創ったのが、こちらの展示空間。 ”一年間だけのレンタル”という期限付きの場所なのです。 だから「実験し尽くす一年間の場所」= limitroom と名付けました。

 

社会に還す取り組み

有害産業廃棄物の不法投棄事件をキッカケに始まった、瀬戸内の美しい自然の再生と存続のための取り組みに寄付をしました。

2020年に温室効果ガスを25%削減する(1990年比)という目標のために、環境省が開始したキャンペーンに賛同。ハルノデザインで手がけた空間の10%は植物が占めるように設計しました。